転職先を探す時つい迷ってしまうケースとは

転職先を探す時つい迷ってしまうケースとは

 転職先を選ぶ場合、今よりいい条件の会社に入りたい、やりがいのある仕事がしたいなど、好条件な仕事を探していくうちに何がいいのかサッパリわからなくなる場面がよくあります。転職には考えすぎもよくありませんが、あまりにも目先のことあかりを見ていると失敗してしまう例もありますが、選択に迷った時にはどうしたらよいのでしょうか?

 

転職先探しで迷ってしまう場合の選択

会社は自分との相性がすべて

 Web情報などを見てみたところ、まだ創立も浅いけど魅力的な会社が見つけてみたけれど、転職して大丈夫?と思う場面もあるかと思います。会社選びというのは自分との相性が大切で、どんなに給与が良くてもやりがいのない仕事が自分の心が疲れてきたり、お金はそこそこあったとしても、生活自体の潤いも得にくくなることがあります。今では大手もリストラをする時代ですので、自分がやりたいと思うならば思い切って面接を受けてみて、自分との相性を確かめた上で決めるようにしましょう。

 

年収は低いけど、やりがいはありそう

 自分が食べていくために働く、それが社会人ですが、年収の良い会社かやりがいのある仕事か迷う場面が出てくるかと思います。年収ばかりを追い求めての転職をしてしまうと、自分の今までやってきた仕事経験が活かしきれなかったりと、ストレスが少しづつ溜まっていき結局数年で転職することになります。多少年収が下がったとしても、やりがいとスキルアップを選んで結果を出した方が、5年後の給与も上がることになります。急激に給料が上がる会社の場合、それなりに仕事ができることを期待されての採用ですので、もしプレッシャーに耐え切れないと思うなら、やめておいた方が無難です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体験談