自分が入って良かったと思える企業を見極めるには

自分が入って良かったと思える企業を見極めるには

 近年、雇用のミスマッチという問題が大きく取り沙汰されています。実際に採用になり、働き始めてから「こんな筈ではなかった」と不満を漏らす前に、その企業の求人が求めている人材像が自分と完全に合致しているのか、入社後に想定されるミスマッチ部分の擦り合わせが短期間で可能であるのかという見込みをある程度は自分で想定しなければなりません。

 

 もちろん採用後の努力で何とか出来る部分も多くありますが、どうしても埋められない壁を前にして悩むよりも、応募前の段階で求人情報の内容を十分に検討する事によりそのリスクを回避した方がベストであると言えます。

 

 その為にはただ単に求職情報のみからその企業の職場や仕事内容についての実態を把握する事を出来るだけ避け、気になる求人情報が見つかった段階で、その企業についての多方面からの知識を得て、最終的に応募すべきか否かの総合的な判断を下す事が重要となります。

 

 企業自体の経営状態や体制については四季報を見ればかなり詳しいところまで把握出来ますし、その企業がリリースしている商品やサービスについてインターネットや関連雑誌を検索すれば、面白い様にそれらの情報を発見出来ます。

 

【参考サイトのご紹介】
35歳の転職活動
35歳は転職エージェントを使うのがおすすめ!

 

日本経済新聞

 

 また特定産業については、定期的に開催される見本市に参加する事により、直接企業の担当者とフランクな立場で話す機会を得る事が出来、その企業の内情を知る上で大きなチャンスともなります。

 

 この様に求人情報だけでは分からないその企業の内情に関して、多方面にチャンネルを広げる事により多角的な検討が可能となり、自分の適不適を見極める大きなヒントとする事が出来るのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体験談