転職にうまくいかなかった人も転職を勧めます

転職にうまくいかなかった人も転職を勧めます

『転職後に前の会社を辞めたことを悔やむ人』

 ある30歳のサラリーマンは転職したことを後悔している。30歳が転職のボーダーラインと考え、また大企業の保守的な風土では成長できないと考え行動を起こした。だが転職後すぐに後悔した。パワハラあり、休みもろくに取れず深夜までこき使われた。しっかり調べず転職したのが失敗だった。結局、別の会社に再転職した。   

 

『転職経験者が感じたギャップ』

 転職経験者の多くが感じるギャップには次のようなものがあります。 「風土・社風が悪い」、「昇給しにくい」、「教育体制が未整備」、「残業が多い」、「仕事内容が違う」などです。これらのギャップを前もって調べることはある程度できると思います。転職は結婚と同じで何回もできるものではない。転職先の企業の身元調査をしっかりするべきだと思います。しまったと思っても覆水盆に返らずです。     

 

『それでも転職を勧めたい』

 転職に一度失敗した既出のサラリーマンは、「周囲の人が転職の相談に来たら勧める」といいます。自分の今の力を見直して、転職を考えるべきだと言います。結果的に転職できなくてもいいですが、自分の実力はいかほどなものかと棚卸してみるいい機会になります。慣れ親しんだ居心地のいい職場にいると大勢に流されていきます。自分の仕事に疑問を持ったら一度立ち止まって、自分自身を見つめる必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体験談