55歳からの転職サイト|これまでの実績を活かそう!

55歳からの転職サイト|これまでの実績を活かそう!

ようこそ!当サイトでは55歳からの仕事探しをしている方々のために、どんな求人サイトや人材紹介会社が良いのかや、就職活動に役立つさまざまな情報をご紹介しています。55歳からの仕事探しもこれまでであれば、ハローワークなどで探される方が多かったと思います。しかし近年ではインターネットの普及で、ウェブ上で求人を検索される方が増えてきました。

 

ただその場合でもどんな求人サイトや人材紹介会社に登録するかで、就職活動の結果も大きく違ってきます。経験や実績が豊富な55歳の方でも、求人情報の収集はとても大事です。また就職を確実なものにするためには、応募書類の書き方も同様に大切です。このサイトでは就職活動で生じる不安や疑問を解消するQ&Aや、最新の企業ニュースなども掲載しています。

 

リクナビNEXT
リクルートキャリアが運営する社会人のための求人サイト「リクナビNEXT」には、55歳の方が応募できる求人情報がたくさん掲載されています。特にお勧めなのがスカウト機能でこれまでのご自身の経験や実績をレジメでアップすれば、思わぬ企業や転職エージェントからオファーがある可能性があります。

 

リクルートエージェント
リクルートエージェントも経験豊かな、55歳の方を求めている求人情報が多い人材紹介会社です。面談で経験豊富な専任のキャリアアドバイザーが、あなたの強みを引き出して希望されるような仕事を紹介してくれます。さらにエージェントレポートや面接力向上セミナーなどの、リクルートエージェント独自のサービスも無料でご利用できます。

 

記事一覧

 

転職情報

転職するなら転職サイトを使おう
転職するためには転職サイトで求人を見つけましょう

<やるべきことはまだ残っている>

 希望の企業から内定の連絡が来たからといって、気を抜くにはまだ早いです。内定を得たのなら、本当のその転職先で良いのかをまずは考えないといけません。内定を得たことで自信がついたのなら、もっと優れた転職先を探すという選択肢もあります。また、他にも内定をくれた企業があるなら、比較して良いほうを選ぶ必要があります。

 

<条件交渉も忘れずに>

 内定をもらった後は、入社承諾の返事をして初めて、転職先をその企業に決めたことになります。したがって、入社承諾の返事をするまでが、最後の交渉のチャンスになります。給与や残業、休日など、面接では聞きづらくて聞けなかった部分、曖昧にぼかされていた部分があるなら納得いくまで確認しましょう。内定を得ているのですから、多少は強気の姿勢をとっても構いません。

 

<断るなら早期に>

 場合によっては気が変わって内定を断りたくなることもあるでしょう。その場合は、できるだけ早期に断りの返事をしましょう。企業同士は意外なつながりを持っているときがあります。返事を遅らせて企業に迷惑をかけると、後になって意外なところでその反動が返ってきたりします。その企業に入社する気が無いからと、適当な対応をしてはいけません。

続きを読む≫ 2015/06/18 17:19:18

業界選定の重要性について

 一般的に転職活動をするときは、「職種」をまず選んでから求人を探していくと思います。今まで未経験だった職種にキャリア採用の枠で挑戦する人はあまりいないはずです。今までしてきた経験を活かしながら仕事をするというのが、基本的な転職の考え方ですから、職種選びから多くの場合は始まります。しかしながら、職種は慎重に選んでも「業界」に関しては無頓着というような転職者の方は意外と多いようです。業界は常に波がありますし、カテゴリーとしても消滅する業界も長期スパンではあるくらいですから、業界選定を慎重に行うのは非常に大切です。

 

業界の変化は、仕事の内容にも影響する

 例えば、今までの製造業であれば個人のスキルによって生産性がバラバラになりがちでしたが、オートメーションロボットなど人間と同じような細かい動きができる製品の開発によって、今まで人が行っていた仕事が消滅するということが、実際に起こっているわけです。

 

 今まではこうした「仕事の消滅」という問題は製造業などの単純作業だと思われてきましたが、事務職などにも及んでいるため、転職をする際には、こうした仕事が将来的になくなるかもしれないという予測をしながら業界研究をしなくてはいけません。

続きを読む≫ 2015/06/18 17:19:18

『転職後に前の会社を辞めたことを悔やむ人』

 ある30歳のサラリーマンは転職したことを後悔している。30歳が転職のボーダーラインと考え、また大企業の保守的な風土では成長できないと考え行動を起こした。だが転職後すぐに後悔した。パワハラあり、休みもろくに取れず深夜までこき使われた。しっかり調べず転職したのが失敗だった。結局、別の会社に再転職した。   

 

『転職経験者が感じたギャップ』

 転職経験者の多くが感じるギャップには次のようなものがあります。 「風土・社風が悪い」、「昇給しにくい」、「教育体制が未整備」、「残業が多い」、「仕事内容が違う」などです。これらのギャップを前もって調べることはある程度できると思います。転職は結婚と同じで何回もできるものではない。転職先の企業の身元調査をしっかりするべきだと思います。しまったと思っても覆水盆に返らずです。     

 

『それでも転職を勧めたい』

 転職に一度失敗した既出のサラリーマンは、「周囲の人が転職の相談に来たら勧める」といいます。自分の今の力を見直して、転職を考えるべきだと言います。結果的に転職できなくてもいいですが、自分の実力はいかほどなものかと棚卸してみるいい機会になります。慣れ親しんだ居心地のいい職場にいると大勢に流されていきます。自分の仕事に疑問を持ったら一度立ち止まって、自分自身を見つめる必要があります。

続きを読む≫ 2015/06/18 17:19:18

 転職先を選ぶ場合、今よりいい条件の会社に入りたい、やりがいのある仕事がしたいなど、好条件な仕事を探していくうちに何がいいのかサッパリわからなくなる場面がよくあります。転職には考えすぎもよくありませんが、あまりにも目先のことあかりを見ていると失敗してしまう例もありますが、選択に迷った時にはどうしたらよいのでしょうか?

 

転職先探しで迷ってしまう場合の選択

会社は自分との相性がすべて

 Web情報などを見てみたところ、まだ創立も浅いけど魅力的な会社が見つけてみたけれど、転職して大丈夫?と思う場面もあるかと思います。会社選びというのは自分との相性が大切で、どんなに給与が良くてもやりがいのない仕事が自分の心が疲れてきたり、お金はそこそこあったとしても、生活自体の潤いも得にくくなることがあります。今では大手もリストラをする時代ですので、自分がやりたいと思うならば思い切って面接を受けてみて、自分との相性を確かめた上で決めるようにしましょう。

 

年収は低いけど、やりがいはありそう

 自分が食べていくために働く、それが社会人ですが、年収の良い会社かやりがいのある仕事か迷う場面が出てくるかと思います。年収ばかりを追い求めての転職をしてしまうと、自分の今までやってきた仕事経験が活かしきれなかったりと、ストレスが少しづつ溜まっていき結局数年で転職することになります。多少年収が下がったとしても、やりがいとスキルアップを選んで結果を出した方が、5年後の給与も上がることになります。急激に給料が上がる会社の場合、それなりに仕事ができることを期待されての採用ですので、もしプレッシャーに耐え切れないと思うなら、やめておいた方が無難です。

 

続きを読む≫ 2015/06/18 17:18:18

 転職する人にとって、履歴書の次に重要になってくるのが、職務経歴書です。その為、職務経歴書の書き方は非常に重要なってきます。

 

職務経歴書の基本事項

 職務経歴書で一番大切なのは、見やすさです。採用担当者は、多くの職務経歴書に目を通す事になります。その際、いかに内容が見やすくなっているかが大切で、その事に気を付ける事で、内容もしっかりと確認してもらう事が可能になってきます。

 

職務経歴書の作成手順1 自分の経歴を書き出す

 いきなり、職務経歴書を作る事は出来ません。まずは、自分の経歴を書き出し、その中から、何をどのように職務経歴書に記入していくのかを選別する事が大切です。入社年度などは、もちろんの事。その他の取得資格や研修内容。また、実績のある仕事内容などを書き出し、どれが必要なのかピックアップしていく事が重要です。

 

職務経歴書の作成手順2 レイアウトの作成

 基本、職務経歴書は、A4サイズ2〜3枚で作成する事になります。その枚数内で、いかに自分をアピールする事ができるのかが重要になります。箇条書きにし見やすくする事はもちろんこと、レイアウトの構成をしっかり行う事で、より一層見やすい職務経歴書を作成することが可能です。

続きを読む≫ 2015/06/18 17:17:18

 近年、雇用のミスマッチという問題が大きく取り沙汰されています。実際に採用になり、働き始めてから「こんな筈ではなかった」と不満を漏らす前に、その企業の求人が求めている人材像が自分と完全に合致しているのか、入社後に想定されるミスマッチ部分の擦り合わせが短期間で可能であるのかという見込みをある程度は自分で想定しなければなりません。

 

 もちろん採用後の努力で何とか出来る部分も多くありますが、どうしても埋められない壁を前にして悩むよりも、応募前の段階で求人情報の内容を十分に検討する事によりそのリスクを回避した方がベストであると言えます。

 

 その為にはただ単に求職情報のみからその企業の職場や仕事内容についての実態を把握する事を出来るだけ避け、気になる求人情報が見つかった段階で、その企業についての多方面からの知識を得て、最終的に応募すべきか否かの総合的な判断を下す事が重要となります。

 

 企業自体の経営状態や体制については四季報を見ればかなり詳しいところまで把握出来ますし、その企業がリリースしている商品やサービスについてインターネットや関連雑誌を検索すれば、面白い様にそれらの情報を発見出来ます。

 

【参考サイトのご紹介】
35歳の転職活動
35歳は転職エージェントを使うのがおすすめ!

 

日本経済新聞

 

 また特定産業については、定期的に開催される見本市に参加する事により、直接企業の担当者とフランクな立場で話す機会を得る事が出来、その企業の内情を知る上で大きなチャンスともなります。

 

 この様に求人情報だけでは分からないその企業の内情に関して、多方面にチャンネルを広げる事により多角的な検討が可能となり、自分の適不適を見極める大きなヒントとする事が出来るのです。

続きを読む≫ 2014/04/29 13:08:29

 転職しよう!そのように考えた方、またそのように現在考えている方たくさんいるのではないでしょうか?しかし、思い立っていざ行動を起こしてもなかなか決まらなかったり、或いは自分の希望する職種の求人がなかったりという場合も多々あります。

続きを読む≫ 2014/01/24 16:34:24 コラム


就職や転職は職種さえ選ばなければ、もっと簡単にできると思っていました。
実際、最初の就職は難なくできたので、苦労という苦労はしませんでした。
内容は先方からの手書きの原稿をデータ化し、指定された場所に文字を流しこむといった感じです。雑誌の1ページ1ページを作る印刷会社でした。

続きを読む≫ 2013/09/21 15:18:21 体験談


 就職してから、三年は我慢しろ、と社会ではよく言われていると思います。私の時代もそう言われていました。だけれど、すでに私は二度転職をしています。しかもまったく別の職種にです。

 

 前職が、現職の知識としてプラスになったかといわれれば100%そうとはいえません。ただ、その職場で働いてきた際に自分で感じた事は、その時その場にいたおかげで得たものです。私は二度目の転職の際に、ようやく自分が目指す方向が分かったような気がしました。

続きを読む≫ 2013/09/21 15:16:21 体験談


 大学を卒業間近になって、私は特に就職と言うことに躍起になっていませんでした。自分で将来何がやりたいのか分からず、このまま学生バイトで続けていた飲食店に勤め続けるのかな、と考えておりました。やはり一番のネックは、何をやりたいかが自分で分からないことでした。結局責任を逃れるためだったのだろうと思います、格好つけて、仕事は自分で探すものではない、派遣会社に探させるものだ、みたいに適当な理由をつけて真剣に考えていませんでした。

 

 派遣会社が紹介をしてくれた営業の仕事でそれなりに稼げました。おそらく、課長クラスの給料を社会人初年度で稼ぎ出しています。しかしながら仕事を楽しいと思ったことはありませんでした。やりがいというものがありません。仕事でのストレスを余暇に散財をする事によって晴らすという、無毛な毎日を送っていました。

続きを読む≫ 2013/09/21 15:11:21 体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体験談